めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • めまい治療|パソコン対策

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

めまい治療|パソコン対策

パソコンはいくつかの理由でめまいの原因となりえます。パソコン対策
おおざっぱに言いますと、目の疲れと、姿勢の悪さです。
パソコンのための首を前に突き出したような姿勢の悪さです。

画面を見るために首を振ったり、もっともわかりやすいのは、疲れ目です。また、指だけを動かし長時間同じ姿勢でいることは、背中やくびにかけての深部体性(しんぶたいせい)知覚(ちかく)というむずかしい名前のバランス感覚に障害を与えます。

そうはいっても、パソコンをやめるわけにもいかない時代ですから、その場合の工夫はパソコンにのめり込まないことです。

ついつい長時間パソコンでの作業をしてしまうのは、おそらく、目からの情報が脳の前頭葉という部分に作用して、時を忘れるという認識のズレと脳の疲れを生じてしまうため、と想像します。
そのため、いくらパソコンの画面に、一定の時間が経過したときのアラーム表示が出ても、脳はそれを受け入れないはずです。

長い間のパソコン作業に対する、耳からのアラームとして、私は患者さんにCDを聴いてもらうようにすすめています。

ラジオではなくCDです。おわかりのように、CDは三、四十分でとぎれます。そのときに交換に立ち上がることは、目も脳も背すじも休ませる大きなチャンスです。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.